MENU

オリックス銀行カードローンの申し込みはネットから

オリックス銀行カードローンで借りたいと考えたときに、まずは申し込みをすることになります。消費者金融の場合には窓口や自動契約機などで手続きが出来ますが、オリックス銀行カードローンの場合にはネットからのみの手続きとなっています。

 

ただ、ネットならスマホにも対応しているため、24時間いつでもどこでも申し込みができ、審査回答は最短即日の連絡となりますので、スピーディにカードローンの手続きが進みます。

 

カードローンは転職前に申し込んでおこう

もしも転職をする可能性があるのなら、転職をする前にカードローンの口座開設をしておくのが良いです。転職の時には色々な費用がかかりますから、転職のための資金を確保するという意味でもカードローンの口座開設をしておくのは良いのですが、それよりも転職後は口座開設をしにくということは重要な事です。

 

申し込みの条件には、たいていは「安定した収入」や「継続した収入」などの文字が入っています。安定した収入が継続的に入ってくれば返済を続けていくことができるでしょうから、このような条件を定めている金融機関は多いのです。

 

 

では、安定や継続をどうやって判断するのかと言いますと、雇用形態や勤続年数で判断する事が多いです。転職を繰り返してばかりいる人なら、収入が安定しているとは言えないでしょうし、継続しない可能性もあります。ですから、転職をする人はどちらかというと審査では不利になります。そのために勤続年数がある一定年数以上はないと、審査に通らないことが多いのです。

 

転職したばかりのときに申し込みをしても、審査に落とされることが多いですから、申し込みをするのなら転職をする前が良いです。転職を使用かどうかと悩んだのなら、使っても使わなくてもとりあえず口座開設をしておくのが良いでしょう。

 

今後のためにカードを作っておく考え方

オリックス銀行カードローンは年会費も当然ながらかかりません。借りなければ費用は一切発生せず、出費もありません。そのため、今後のお金のピンチに供えて1枚カードを持っておくのも有効であり、困ったときにはATMで手数料無料ですぐに借りられるため、役立つものとなります。

 

ただ、カードを持っているとついつい無駄遣いをしてしまいがちなので、いくらオリックス銀行カードローンが低金利融資であるとしても、余計な借り入れやカードローン利用はしないようにしましょう。

 

携帯料金とキャッシング審査の関係

キャッシング申し込みでは過去の長期延滞が問題となって審査に落とされてしまうことがあります。長期延滞や債務整理などの情報は信用履歴に残っているので、どの会社から借りたお金であっても簡単にバレてしまうのです。

 

その点、初めてお金を借りるという方は、過去にお金を借りたことがないので延滞などの心配はないはずです。しかし、実際にはこれまでキャッシング利用歴がなくても、過去の延滞で審査落ちになってしまうケースがあるのです。

 

延滞歴を理由にキャッシングの審査落ちになってしまうのは携帯電話料金の延滞です。電話料金自体は借り入れとは何の関係もないので延滞をしても信用履歴に記録が残ることはありません。しかし、端末代金を分割払しているとなると話は別です。

 

携帯電話料金の中には、機種変更などによる端末代金の分割払い分が含まれている場合があります。これを含んだ携帯電話料金を滞納してしまうと、信用履歴にしっかりと記録が残ってしまうのです。携帯端末の分割払いはローンの支払いなので、延滞はキャッシングの延滞と同様に扱われてしまいます。

 

信用履歴に記録が残る延滞は、3ヶ月以上の延滞のみです。この記録は5年間残ってしまうので、過去に携帯電話料金を長期にわたって延滞したことがある人は、キャッシング申し込みの前に取引終了から5年が経過しているかどうか確認しておきましょう。

 

思わぬところで審査落ちとなる可能性

カードローンやキャッシングの審査は、本人が思っていないところで審査落ちとなる可能性があります。今後の審査を考えれば、支払いに関連するものは何も遅れずに済ませるようにすることが大切です。

 

支払いが遅れなければ信用情報が汚れる心配もなく、今後のカードローン審査にも悪影響が出ないでしょう。人気のあるキャッシング業者での審査ほど信用情報を重視しますので、支払いだけはしっかりと行うようにして下さい。